犬と戯れたり植物と戯れたり漫画を描いたり

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写楽展
東京国立博物館で開催中の「写楽展」に行ってきました。
写楽展


もんのすっっっごい良かった!!


写楽作品のほとんどが展示されていて、さらに
写楽の独自性との比較のために喜多川歌麿や勝川春英、歌川豊国…と
超有名所の浮世絵も展示されていて、本当に見応えありました。

というか、こんなにたくさん、しかも至近距離で見れるなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

近くで見ると雲英刷りもしっかりキラキラしてて、
着物の柄とか髪の毛とか、木版画でよくこんな細かい事を……
日本人の器用さ半端ない。。。

写楽展の後、同館の常設展で葛飾北斎も何点か見れて、
特に、一番好きな「牡丹に蝶」も展示されていたので
「来てよかったーーー!!」と思いました。
建物も、窓から見える日本庭園もすっごい素敵だし………!
シンメトリーが大好きなので、国立博物館の建物装飾はたまりません。

もう会期も残り少ないですが、興味のある方は是非!!
超おすすめです。


その後、化石(特にアーケロン(アホでかい亀)の化石!)が見たくて
国立科学博物館に行ったところ
国立科学博物館
「日本のボタニカルアート展」が開催中だったので、なんの気なしに寄ってみたら


これがまた、すっっっっっっごく良かった……!!


作者である太田洋愛画伯の使用画材も展示されていたんですが、
鉛筆もペンも筆も絵具も、ほぼおなじものがモリヲ宅にあるにも関わらず、
あんな凄い絵には一生かけても到達できそうにありません。。
絵の凄さ(“訴えかけるもの”というよりはその写実性)もあるんですが、
途中からはなんか打ちのめされてしまって、泣きそうになりました。

ボタニカルアートなので、花や木をあるがまま、そのままに描いてるんですが、
葉っぱも花びらもすごい単純な色の組み合わせなのに(当然私にはできないけど)
色も影も光り方も「まさにここ!」というところにサッと描いてあるんですよね……

努力では越えられない壁って…あるなあ………!チクショウ……!

こちらも超々おすすめですので是非!!!



とりあえず、版画とボタニカルアートを習いたくなりました。
特にボタニカルアート。


とりあえず気晴らしと机の掃除が終わったので漫画描きます(:D)| ̄|_
追記にて拍手お返事
>Y山さん
拍手ありがとうございます&先日はありがとうございました~(^o^)/
またお邪魔させていただく気満々ですので、
今後ともよろしくお願いします。。。
私、次回こそバナナジュースを飲もうと思います……!

Y山さんも4コマ漫画頑張ってください~!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © モリヲ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。