犬と戯れたり植物と戯れたり漫画を描いたり

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だーめーだー
ものすごくキャパが小さいので、
作業が複数だとすぐに「パーン\(^o^)/」ってなります。

今の作業量っておそらくご飯茶碗一杯分くらいで、
普通の人はペロッと食べれるか足りないくらいだと思うんですけど
私の容量がおちょこ大なので、あ゛ーーーーーーーーーーー!!!的な。

前にも日記で書いたことあるんですが、
「そして続きがあるのなら」(内田カヲル先生)の登場人物であるところの
坂口先輩にスケジュール工程表を書いて欲しいくらい
何からやっていいものか、こんがらがってます。
助けて坂口先輩……!!

ちなみに坂口先輩(左)↓

そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/11/27)
内田 カヲル

商品詳細を見る


てゆうかもう誰でもいいから優先順位の判断をして欲しい……。


ちょっと昔話になりますが。

デビュー作の「トケイソウハイ」掲載直後に編集部にお邪魔した際、
モリヲの原稿があんまりひどかったため、担当さんが
「参考に他の人の原稿見てみますか?誰か見たい先生います?」と言ってくださって、
元々、

最初に買ったBL本が猫田リコ先生

猫田先生超面白い

麗人を購入

麗人超面白い

というのがモリヲが麗人を目指したきっかけだったので、
(平たく言うと猫田先生のファンだったので)
「猫田先生の原稿が見たいです!!」ってお願いしたら


「猫田先生は猫田先生独自の世界観なので他の人の参考にはなりません^^」

「(ノ∀`)」

「他の先生で見たい方いますか?」

「そっそしたら是非内田かおる先生(平たく言うとファ(略)を………!」


という事で内田先生の原稿を見せていただいた事があります。
生原稿なので、当然鉛筆下書きとか直筆ネームとか書いてあって、
「あああ内田先生、本当にこの世に存在してるんだ………!」
と感動したのを覚えてます。

なので、未だにモリヲ原稿と麗人の諸先生方が同じ本に載っているというのは
なんか信じられないです。


そんな訳でデビュー2年前あたりからの麗人がめっちゃ家にあって、
収納に困って棚上に積んでたらこないだの地震で全部落下して軽く死ぬかと思ったんですが、
それでもやっぱり捨てられないのでどうしようかと思っています。

笠井先生による表紙を集めたイラスト集が出たら
多少は減らせる気がするんですが………
表紙が綺麗で捨てられない……………

全然関係ない話になってしまった………。


えっと、とりあえずすごいテンパってます。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © モリヲ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。