犬と戯れたり植物と戯れたり漫画を描いたり

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペン入れ準備
下書きのお返事がきたらいよいよペン入れ。
前回から、ちょっと真面目に自分の技術と向き合ってみようかと

*原稿用紙を変えたり(135kg→110kg)
*描き方を変えたり(直接原稿に下書きしてペン入れ→下書きをトレスしつつペン入れ)
*用法に気を付けたり(「のど」部分の書き方とかね…)

しているのだけど、
今回はペン先も何が自分にあっているのか探ってみようかと。

いままで惰性でGペンを使っていたので
(漫画ってGペンで描く印象があるし、使っている人も多いので)
前回、丸ペン使ったのはホント久し振り。
下手すると小学生の時、はじめてペン先買って以来かも。
丸ペンって物凄く描き辛いイメージがあったんだけど、
それはただ単に自分が使い切れてないだけだった。。。
丸ペンはいいやつだ。アイツは使える。

今日、手ならしがてら使ってみた感想

*かぶらペン(さじペン)
線が固くて細め。意識すれば、多少太い線も引ける。
主線も髪の毛とかの細い線も一本でいけそう。
強弱が少ない分、ちょっとのっぺりした感じになる。
細かい書き込みにはいいかも。

*スクールペン
線が固い。細い。力を入れても太い線にはならない。
均一な細い線が引けるのは魅力的だけど、
入りも抜きも同じような細さなので、漫画っぽくならない。
でもなんか味がある。
筋張った腕とか指とかの固い部位を描いたら、固い線が生きそう。
ただホントに線が細いのが…ちょっと…。

*Gペン
上の2つを試した後だとビックリするくらい柔らかく感じた。
いつも使っているのに気付かなかった。
ものすごくしなるので、強弱は付けやすい。
抜きがはっきりしてるので、漫画っぽいというか華やかな感じになる。


それぞれ味があっていいんだけど…どうしようかな…
かぶらペンを使ってみたいんだけど、どんな風になるかいきなり試すの怖いし。
無難にGペンってのも…うーーん。

細かいところは丸ペンなのは確定なんだけど。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © モリヲ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。